深井こどもファミリー歯科

診療時間
ご予約、お問い合わせはお気軽に!TEL 072-270-8600

一般歯科・予防歯科・小児歯科・矯正歯科・審美歯科

Pediatric dentistry 小児歯科

小児歯科

小児歯科

いずれ生え変わる乳歯だからむし歯になっても問題ないと考えておられませんか?まだお子さまが小さかったり、乳歯と永久歯が混在して歯並びがでこぼこしてしている時期は、特にむし歯になりやすいデリケートな時期です。できたむし歯を放置しておくと、まずお口の中が汚くなり、まだもえていない大人の歯に、むし歯菌が広がることもあります。その結果、食べ物を効率良く噛めなくなったり、永久歯が正しい位置に生えることができなくなったりして、歯並びに悪影響を与えてしまうことが多くあります。その他にも、あごの骨の成長や知能の発達、正常な咬み合わせにも影響を及ぼしています。むし歯は、その歯一本だけのことではなく、身体全体に関わってくる問題です。

健康な歯をむし歯にしないためには、毎日のブラッシングが大切です。実は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口にはむし歯菌はいませんが、ひとたび入り込むとむし歯菌は増え、むし歯の原因になります。ですから、幼いうちに菌の侵入を防ぐことや菌の数を増やさないようにすることは、とても重要です。歯並びが悪い場合、磨き方の癖がついている場合もありますので、歯科医院で正しいブラッシング方法の指導を受けましょう。ただ、「自分に合った正しい磨き方」は、大人でもなかなか難しいので、親御さまはお子さまに任せっきりにせずに、仕上げのブラッシングをしてあげてください。また、歯質を強化するフッ素を定期的に塗布するのも効果的です。

しかし、歯科医院に行くのを嫌がるお子さまも多いのではないでしょうか。当院ではお子さまには、歯科医院が怖い場所ではないと知っていただけるよう、治療で使用する器具に触れてもらうようにしています。治療器具に慣れ親しんでもらうことが、恐怖心の払拭につながると考えているからです。そのため、時間を割いてでも、このような時間をとることを大切にしています。また、中にはお口を大きく開けることが苦手なお子さまもいらっしゃいます。そのような場合でも、無理に頬を引っ張るということはしません。デンタルミラーを用いて、小さいお口の中もしっかり診察していきます。むし歯は大きくなるほど処置が難しくなり、お子様にかかる負担は大きくなっていきます。むし歯は小さいうちに治療したほうが、処置する量も少なくて済み、結果的にはお子様にとっても楽になります。当院では、お子さまが進んで治療を受けることができるようにしておりますので、リラックスしてご来院ください。